実家をリフォームしたきっかけ

実家は木造住宅で建設されて40年以上経過し、リフォームをしないと老後の生活を安心して暮らせないと思いました。実家の両親は高齢のため足腰が弱くなっているため、バリアフリー構造にしないと厳しいです。住宅リフォームはバリアフリーや耐震補強などを行うことを決め、複数の業者に見積もりをしました。すると、業者ごとに作業内容やかかる期間や費用などが異なり、じっくりと話を聞いてから納得をして決めるまで時間がかかったものです。

実家をリフォームしたきっかけは設備が古くて来客を呼ぶことに抵抗があり、老後の生活を安心して暮らせないと感じたためです。リフォームは建て替えをするよりも安くなりますが、中途半端になればトラブルが起きて後悔することになります。実家は内装だけでなく外装も古くなり周囲から目立ちやすく、一気にすると費用が高くなり何度かに分けることにしました。結局は快適な居住空間を作れ、段差がなくなって落ち着いて住めるようになって良かったです。