建売住宅の判断ができず結局注文住宅に

耐震住宅で建てた新築住宅について、「家を建ててみてわかったこと」はといえば、「値段だけでその家自体の良し悪しは判断できない」ということですね。いや、純粋に建物だけの値段ならば、家の良し悪しは金額からある程度判断することができるでしょう。しかし、建売住宅のような土地代込みでの販売価格となりますと、なかなか家自体の良し悪しを金額から判断することが難しいというわけです。

 

いやもうだって本当に難しいですもん。私たち夫婦は、結局注文住宅でマイホームを建てましたけれど、当初は建売住宅で考えていたのです。しかし、既に建てられている住宅が欠陥住宅であるかどうかは、私たち素人ではわからないものです(明らかな欠陥住宅ならばわかるかとは思いますが)。

 

それに住宅設備の値段は調べることができても、「どこにいくらぐらいかかったのか?」といったことは、建売住宅の見学で知るのは難しいかなと思いました。そりゃあ、聞けば教えてくれるのかも知れませんが、本当にそれらの資材が使われているのかは、既に建てられている家ではわからないですし。

 

というように、建売住宅では「どの家が良いのか?」というところが結局私たちでは判断できずに、それで注文住宅で家を建てることにしたのです。建売住宅の値段を見ていても、私たちが探していた地域では注文住宅で家を建てるのとそこまで大差はなかったことも、注文住宅で建てることに決めた理由ですね。