後々のことを考えるとやっぱりハウスメーカー!?

新築住宅をハウスメーカーで建てるメリットと言えば、やはりいつでも相談できるところでしょうか。仮に家を建てた後に担当者が変わったとしても、その会社自体がなくなることはおそらくないだろうと思われますので、その点における安心感もありますよね。

地元工務店にも惹かれましたが、社長が代替わりしたり経営状況が変わったりしたり、契約している職人さんが変わることもあるでしょうからね。ですから、新築から20年後に、いざリフォームの相談にのってもらおうと思ったら、その会社自体がないということだって、可能性はないと言えないのです。

まあもっとも、大手ハウスメーカーにおいても倒産の可能性はゼロだとは言えませんが、しかし小規模経営の工務店よりはイメージ的なものかも知れませんが、長く続く可能性は高いかなーと思ったのです。

アフターフォローのことを考えると、ハウスメーカーというところが惹かれて、そして結局ハウスメーカーで建てたのですよね。家を建てる際には、後々のことを考えてしまいますので。

 

PR|オーディオ|生命保険の選び方|GetMoney|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|心の童話|童話|内職 アルバイト|お小遣いNET|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ||女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|初値予想|お家の見直ししま専科|女性の人生|