主人の趣味の部屋ができてよかった

広島で分譲住宅を買いたいと思った時に、家族全員がいろいろなことを思っていました。私が思ったことはなんといっても、家事が楽になりたいと思ったのです。動線がしっかりとしていることを望んでいました。また子供たちは、友人と一緒に遊ぶことができる、自分の部屋を望んでいたのです。それは、当然のことですね。今まで友人を呼ぶことができなかったので、その分たっぷりと楽しみたいと思ったことでしょう。
そして主人は、自分の趣味の部屋を望んでいました。その趣味の部屋というのは、釣り好きの主人のために集めた諸々のモノです。私が見ても、大切と思うことは全くありません。しかし主人にとっては、宝物として使っているモノばかりです。それらを収納することができる、誰の気兼ねもすることがない、そんな部屋が欲しかったんですね。その部屋を作ることにより、新築を購入したことをとても喜んでいます。楽しく過ごすことができる、一人の部屋はとても良いことと感じます。